ようこそ
 国際動物資源が学研究室(松本グループ)です。興味を持って頂きありがとうございます。ホームページ改装中です。フル表示までもうしばらくお待ち下さい。

 我々は、感染症を引き起こす病原微生物の宿主体内における生存戦略と宿主動物(ヒトや動物、鳥類)の対応に興味を持ち、特に宿主の免疫反応が、どのように病原体の増殖および発症を制御するかについて、様々な感染モデルを用いて研究しています。

 特に、注射によらない粘膜ワクチンや食べるワクチンに注目し、その有効性を検討しています。

 現在主に研究している病原体は、家禽のニューカッスル病ウイルス、人獣共通感染症の原因となる狂犬病ウイルス、リーシュマニア、豚回虫、肝蛭です。

 対象としている感染症の多くは海外で流行していることもあり、海外調査・国際共同研究も行っています。

 感染症や国際開発に興味のある学生、研究者の方々のご訪問を歓迎いたします。

                         国際動物資源科学研究室准教授 松本 安喜